きょうと修学旅行ナビ

見学スポット

東福寺(とうふくじ)

鎌倉時代の初め、摂政の九条道家が都最大の寺を造ろうと、寺の名前を奈良の東大寺(とうだいじ)と興福寺(こうふくじ)にならって、東福寺と名付けられました。大伽藍(だいがらん)で有名でしたが、多くは明治14年の火災で失いましたが、三門(国宝)を初め重文の浴室、東司(とうす=便所)、禅堂など室町時代の禅僧(ぜんそう)の生活を知るための貴重な建築が残っています。境内の通天橋(つうてんきょう)はモミジの名所としても有名です。

電話番号 075-561-0087
ファックス番号 075-533-0621
ホームページ 公式ホームページ
メールアドレス メールを送る
営業日・時間 【時間】9時〜16時(受付終了:15時半)※12/29〜1/3方丈庭園休み
備考欄 【駐車場】バス6台、車50台※11月の紅葉の期間は駐車場なし
【車いす用トイレ】車いす対応(通天橋入り口と日下門入り口の2ケ所)
【障がい物】駐車場があるが、障がい者は中門から直接境内に入ってよい。境内と通天橋は障がい物なし。方丈(庭園拝観)玄関は階段3段、中も2?3カ所段差。
【京都修学旅行パスポート】
[体験]≪予約制≫座禅と法話 20名以上(重文 大禅堂)
 小中学生 500円 高校生 700円
※拝観には通常料金(小中学生 300円 高校生 400円)が必要
東福寺天得院[拝観]小中学生 200円を100円に 高校生 300円を200円に
≪公開日に注意≫
 6月中旬?7月上旬、11月1日?11月30日のみ公開
京都ユニバーサル観光ナビの詳細を見る
住所 〒605-0981 京都市東山区本町15丁目778
アクセス 市バス「東福寺」下車徒歩8分、JR東福寺駅下車徒歩10分、京阪東福寺駅下車徒歩10分