きょうと修学旅行ナビ

見学スポット

今宮神社(いまみやじんじゃ)

平安時代に疫病(えきびょう)がはやり、それをしずめるために建てられた神社です。その名残(なごり)を伝える「やすらい祭」は、赤や黒の鬼が笛や太鼓に合わせて踊り、花で飾った大きな「風流傘(ふりゅうがさ)」に入れば病にかからないといわれ、京の三奇祭の一つです。境内に「重軽(おもかる)石」「阿呆賢(あほかし)さん」などと呼ばれる石があり、三度たたいて持ち上げると重くなり、次に願いをこめて三度なでて持ちあげ、最初より軽ければ願いがかなうといわれています。東門を出て名物のあぶり餅も味わっては。

電話番号 075-491-0082
ファックス番号 075-491-8944
営業日・時間 【時間】自由 ※無休
備考欄 【駐車場】車10台
【車イス用トイレ】なし
【障害物】朱塗りの楼門左の車進入口から入れる。境内はフラット。東門の前に茶店があるが、東門のしきいは7?8センチある。
住所 〒603-8243 京都市北区紫野今宮町21
アクセス 市バス「今宮神社前」下車徒歩すぐ