きょうと修学旅行ナビ

体験学習

【北野西陣地域 幻の芸能文化】京落語,京相撲,京都講談(講釈)(きたのにしじんちいき まぼろしのげいのうぶんか きょうらくご きょうすもう きょうとこうだん(こうしゃく))

お好みのテーマ(京落語,京相撲,京都講談(講釈))に基づき,上方講談師やプロの観光ガイドが講演します。

・京落語
初代露の五郎兵衛(つゆの ごろべえ,1643~1703年)は,江戸時代前期の落語家。京落語(上方落語)の祖。
露の五郎兵衛は,北野天満宮や四条河原など道端に舞台を設けて聴衆を前に「辻話(つじばなし)」を口演した。
落語の起源,原型と言われる京落語について解説します。

・京相撲
江戸時代初期,大相撲興業は,神社仏閣の再興,建築の費用を捻出するための「勧進相撲」として江戸で2回,京都・大坂で各1回の年4回開かれた。これを四季勧進相撲興業と言い,幕末までこの形態が続いた。
幕末の動乱期,京都では華の峰,兜潟という力士が勤皇の志士としての活躍を認められ独自の相撲興業を許された。
こうして始まった独立した組織としての京都相撲について解説します。

・京都講談(講釈)
江戸時代、京都での町の講釈場は、四条河原、四条道場、蛸薬師、革堂等の境内、或は、北野社頭等で行われた。講談はそれまで屋敷や寺で行っていたが、神社の境内や盛り場で口演するようになり,上方講談の本格的な歴史は、ここから始まるといってよい。
昭和初期に途絶えてしまった京都の神道講釈も絡め,京都講談(講釈)について解説します。

料金 6万円~
定員 数百名
開催日時 随時
所要時間 2時間程度
申込方法

電話またはFAXにて申込み。

電話 090-9610-2012

FAX 075-463-4698

備考欄

別オプション

上方漫談師が,菅原道真公を題材とした京都講談ネタ「菅原天神記」を演じます。

※全国天満宮の総本社北野天満宮から,北野界わい創生会のみ公認されたものです。

京都講談以外も京落語の系統を引き継いでいる一門の落語もお楽しみいただけます。

詳細はお問い合わせください。

京都観光ガイド・体験「北野界わい創生会」(きょうとかんこうがいど・たいけん「きたのかいわいそうせいかい」)

京都生まれ、京都育ちの講師陣が多数在籍しており、京都ならではの風土・文化をあますことなくご案内させていただきます。
また、地元民しか知りえないディープな京都情報や名所などの穴場をご提供します。皆様のご要望をオンデマンドで承ります。

電話番号 090-9610-2012
ファックス番号 075-463-4698
ホームページ 公式ホームページ
メールアドレス メールを送る
営業日・時間 随時
住所 〒602-8341 京都市上京区中立売通六軒町西入三軒町65-9